プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

皆様はじめまして!!
スパッカでソムリエをしております。
ソムリエと大げさに言いましても、私お酒はほとんど飲めません。でも、ワインの持っている雰囲気、味わい、香りはとても好きです。
サービス全般担当しておりますので、御来店お待ちしております。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年12月 | メイン | 2011年3月 »

2011年1月

2011年1月 4日 (火)

☆栗城 史多隊長☆

皆様、新年明けましておめでとうございます。
年明け初めのブログ。何書こうかなーwobblyって家でごろごろしておりまして・・・。

ほんと個人的な内容ですいませんが、今年は20代最後の年ということで
この人の事を書きたいと思いました。

知ったきっかけは忘れてしまいましたが、最近はテレビでも結構取り上げられているのでご存じの方も多い事でしょう。
夢はエベレストに単独無酸素で登頂すること。
今まであまり登山の事など興味もなかったので、正直単独無酸素の意味がよくわかりませんでした。
しかし、色々と栗城さんの特集やブログを見るうちにいかに無謀で困難な事かが理解できてきました。
そもそも登山は何名かのパーティーを組んで挑むもの、さらに標高7500mという想像もできない領域を超えると酸素ボンベがないと呼吸もままならない。まさにデスゾーン。
そんな過酷な状況に一人で挑む。しかも相手は自然であって、人知の及ぶ領域ではない。

想像してみてください。極寒の雪山。周りは一面の銀世界。
標高数千m。寒い、呼吸をするのも苦しい、お腹も減って疲れ果てている。
でも誰も頼れる人はいない。頼れるのは自分だけ。

僕はこの栗城さんの挑戦を見て自分の今持っている悩みや問題を考えました。でもどれもまだまだ挑戦や改善の余地があるなと思えるものばかり。
栗城さんの挑んでいるような課題とは違うけど、絶望的ではない。
そう考えたら自分もまだまだ頑張れるなって思えてきました。

栗城さんは単独で登っているけど実際はベースキャンプで多くのサポートの人がいて、さらにはブログの書き込みやツイッターのコメントに支えられて登っている。そんな状況は都会のど真ん中でも言える事で、実際は一人ぼっちの人なんていないんですよね。

年齢も近く、登山中のコメントにかっこつけてるような事はなくて辛い時は苦しいって言うし、うれしい時はみんなに感謝の言葉を照れることなく言える。そんな栗城さんに感銘を受けました。

30代という新たなステップに繋がる年になるよう、何事にも楽しんで挑戦したいと思います。
20代のみんな!!がんばろうぜーpunch

天空のイタリアン スパッカナポリ のサービス一覧

天空のイタリアン スパッカナポリ